Charles&Ray Eames(チャールズ&レイ・イームズ)

このデザイナーの作品を購入する
Charles&Ray Eames(チャールズ&レイ・イームズ)

チャールズ・イームズは、1907年ミズーリ州生まれ。1930年に自身の建築事務所を立ち上げ、その後、クランブルック美術アカデミーの奨学金を得て、最終的には大学のデザイン部門長となった。レイ・カイザーイームズは、カリフォルニア州生まれ。ニューヨークで絵画を学んだ後、クランブルック美術アカデミーに入学し、チャールズに出会う。チャールズとレイは1941年に結婚し、カリフォルニア州に移動した。1946年プライウッド製の家具の生産を開始し、これらの椅子は、建築評論家エスター・マッコイから"世紀の椅子"と呼ばれた。二人は、20世紀の最も重要なアメリカのデザイナーであり、建築、家具等のデザインに多大なる貢献を残した。

Charles&Ray Eames(チャールズ&レイ・イームズ) 主な作品

主な作品:Shell side chair/LA CHAISE/Eames Lounge

Kasper Salto(キャスパー・サルト)

このデザイナーの作品を購入する
Kasper Salto(キャスパー・サルト)

アイスのデザイナー、キャスパー・サルトは家具職人としてヨーン・フォルフに師事しました。1994年、デンマーク・デザイン・スクールをデザイナーとして卒業しています。この勉学の期間に、サルトはスイスのアートセンターでも1学期を過ごしています。1996年から1997年にかけて、サルトはコペンハーゲン王立芸術アカデミーで教鞭をとり、SE(家具職人の秋の展示会)のメンバーにもなりました。1997年、キャスパー・サルトはコペンハーゲン装飾美術館での展示会に建築家として出展するようになりました。キャスパー・サルトの作品にはデンマークの家具デザインの伝統が息づいており、しかも国際的なインダストリアル・デザインとのバランスを保っています。サルトのインスピレーションの主な源泉は、自然界に見られる優れたデザインと色使いです。

Kasper Salto(キャスパー・サルト) 主な作品

主な作品:NAP/ICE/LITTLE FRIEND

Alvar Aalto(アルバ・アアルト)

このデザイナーの作品を購入する
Alvar Aalto(アルバ・アアルト)

1898年フィンランド生まれ。20世紀の北欧を代表する建築家・デザイナー。
母国フィンランドをこよなく愛し、素材を活かしたぬくもり溢れるデザインに、近代的な感覚を取り入れた作品を残しています。その活躍は家具だけに留まらず、建築物の設計や工芸品のプロダクトデザインを数多く手掛け、世界のミュージアムの永久保存品となっている作品も数多く残されています。人の生活を中心に考えられた自然なフォルムでどんな空間でも調和するアアルトのデザインは今も世界中の人々を魅了し続けています。

Alvar Aalto(アルバ・アアルト) 主な作品

主な作品:Stool60/TEA Trolley 901/Aalto Vase

Jaime Hayon(ハイメ・アジョン)

このデザイナーの作品を購入する
Jaime Hayon(ハイメ・アジョン)

1974年マドリッド生まれのスペイン人アーティスト、デザイナー。10代の頃にスケートボードカルチャーとグラフィティアートに没頭していたことが、今日の彼の詳細で大胆かつ奇妙なイメージで差し迫ってくるような作品を創り出す基礎となっています。マドリッドとパリで工業デザインを学んだ後、1997年にはベネトンによって資金を供給されたデザインおよびコミュニケーションアカデミーである、ファブリカに参加し、高名なクリエイティブディレクターであり活動家のオリビエーロ・トスカーニと共に仕事をしました。彼が学生の立場からデザインの責任者に抜擢されるまで時間は掛かりませんでした。そして8年後、ハイメの人気に火がつきました。コミカルなOnion Qeeフィギュアのコレクションに始まり、陶器や家具、そしてインテリアデザインやインストレーションへと発展していきました。

Jaime Hayon(ハイメ・アジョン) 主な作品

主な作品:FAVN

Nils Strinning(ニルス・ストリニング)

このデザイナーの作品を購入する
Nils Strinning(ニルス・ストリニング)

20世紀を代表する建築家で「北欧デザイン」と呼ばれるスタイルの創始者の一人。
それまでのインテリアの既成概念に捉われない、規格化された複数のパーツを組み合わせる方式を採用した、壁掛け家具String(ストリング)をデザイン。自由な拡張性を持たせた手法は床の置き場に束縛されること無く、自分の希望の位置に取り付けることを可能にしました。発売とともに北欧はもとより欧州各国で脚光を浴び、現在でも北欧家庭のスタンダードとも言える家具の地位を確立しています。

Nils Strinning(ニルス・ストリニング) 主な作品

主な作品:String Pocket

Christian Dell(クリスチャン・デル)

このデザイナーの作品を購入する
Christian Dell(クリスチャン・デル)

銀細工師であり、デザイナーであったドイツ人のクリスチャン・デル。ドイツで初めてデザインを専門とする大学として設立し、数多くの優れたデザイナーや建築家を輩出したバウハウス。彼は1922年から1925年までそのバウハウスのメタル工房の主任を勤め、数々の革新的なデザインを生み出していきます。彼がプロダクトデザインを手掛けた作品の中でも「KAISER idell」シリーズは、発売と同時に世界中で人気商品となり、現在でもその繊細な造りと高いデザイン性は、ドイツ照明デザインのシンボル的な存在にもなっています。

Christian Dell(クリスチャン・デル) 主な作品

主な作品:KaiserLuxus6631/KaiserLighing6631-P/KaiserLighing6556-F

Hiromichi Konno(紺野 弘通)

このデザイナーの作品を購入する
Hiromichi Konno(紺野 弘通)

日本とスウェーデン両国でデザインを学び、ロンドンを拠点に活動する国際的感性を持つ日本人デザイナー紺野弘通。彼のデザインはジャパニーズスタイルと北欧スタイルの伝統が調和した斬新で個性的なデザインが特徴的です。
2009年にデンマークのトップブランド「フリッツ・ハンセン」からデザイナーとして大抜擢され、日本人として初めて家具が同社から発表されるという快挙を成し遂げました。同年にはELLE DECOの「Young Japanese Design Talent 2009」を受賞。現在は独立し、世界中の大企業・メーカーと様々なプロジェクトを組んでおり、これからの活躍が期待される若手デザイナーの一人です。

Hiromichi Konno(紺野 弘通) 主な作品

主な作品:SKAGEN Style #:H02LSXB1/KOTON/MGAGINE RACK HK+04/RINTM CHAIR

Ronan&Erwan Bouroullec(ロナン&エルワン・ブルレック)

このデザイナーの作品を購入する
Ronan&Erwan Bouroullec(ロナン&エルワン・ブルレック)

兄のロナンは1971年、弟のエルワンは1976年にフランスのカンペールに生まれる。ロナン・エルワン共にパリのエコール装飾美術国立学校セルジー・ポントワーズの芸術学校で学ぶ。
1999年以来、彼らはデザイン事務所の共同パートナーとして一緒に働いている。彼らの作品は、家具に留まらず、雑貨からの建築プロジェクトまで広範囲に及ぶ。彼らの最も独創的なデザインの一つと言われるAlgues(2004)はvitraの製品であり、vitra社とのコラボレーションは現在まで継続されている。

Ronan&Erwan Bouroullec(ロナン&エルワン・ブルレック) 主な作品

主な作品:Vegital/Alcove sofa/Algue

Arne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)

このデザイナーの作品を購入する
Arne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)

フリッツ・ハンセンとアルネ・ヤコブセンのコラボレーションの始まりは、1934年にまでさかのぼり、「アリンコチェア」シリーズの成功は1952年のことでした。「アリンコチェア」の成功に続き、1955年には3107シリーズが大きな反響を呼びました。これらの成功により、アルネ・ヤコブセンとフリッツ・ハンセンの名は、家具の歴史に刻み込まれることになったのです。アルネ・ヤコブセンは、建築家としてもデザイナーとしても多数の作品を世に残した人物でした。1950年代終わりにヤコブセンはコペンハーゲンのロイヤルホテルを設計し、そのプロジェクトの一環として生まれたのが「エッグチェア」、「スワンチェア」、「スワンソファ」、そして「3300シリーズ」です。 アルネ・ヤコブセンは傑出したデザイナーとして尊敬を集め、今もその名声は衰えていません。彼は建築家として以上に、家具やその他のデザインにより評価され、作品はデンマークのみならず世界の文化遺産ともなっています。

Arne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン) 主な作品

主な作品:EGG/SERIES7/AJ floor lamp/AJ table lamp

George Nelson(ジョージ・ネルソン)

このデザイナーの作品を購入する
George Nelson(ジョージ・ネルソン)

1908年コネチカット州ハートフォード生まれ。イェール大学卒業後1932年から1934年からAmerican Academy in Romeで建築を学ぶ。1935年にArchitectural Forumという建築雑誌の編集長を務めた後、1946年にハーマンミラーのデザインディレクターに就任。
1972年までの間にチャールズ&レイ・イームズ、イサム・ノグチ、アレキサンダージラードなどをハーマンミラーに招へいし、アメリカのミッドセンチュリーデザインの重要人物となった。ヴィトラ社とのコラボレーションは1957年に始まり、現在でもモダニズムのアイコンとして見なされている。

George Nelson(ジョージ・ネルソン) 主な作品

主な作品:Marshmallow Sofa/Coconut Chair/Nelson Clock

Isamu Noguchi(イサム・ノグチ)

このデザイナーの作品を購入する
Isamu Noguchi(イサム・ノグチ)

1904年、日本人の詩人ヨネ・ノグチとアメリカの作家レオニー・ギルモアの子としてロサンゼルスに生まれる。コロンビア大学で医学を、レオナルド・ダ・ヴィンチ美術学校で彫刻を学ぶ。
彼はその後、自身のスタジオを設立し、1927年にグッゲンハイムの奨学制度によりパリへ留学した後、ニューヨークで初個展を発表。イサム・ノグチは、ステージセット、家具、照明、インテリアに留まらず、札幌市の都市公園プロジェクトなど幅広い分野で才能を発揮した。2004年からヴィトラ社により復刻品がリリースされている。

Isamu Noguchi(イサム・ノグチ) 主な作品

主な作品:Noguhi Coffee Table/Freefoam Sofa/Akari

Verner Panton(ヴェルナー・パントン)

このデザイナーの作品を購入する
Verner Panton(ヴェルナー・パントン)

1926年デンマーク生まれ。コペンハーゲンのデンマーク王立芸術アカデミー卒業後、アルネ・ヤコブセンの建築事務所で1950年から1952年まで勤務し、1955年に自身のスタジオを設立した。明るい色彩と幾何学模様が有名で、テキスタイルデザイナーとしても広く知られている。また彼の最も有名なデザインであるパントンチェアの開発においては、その独特の有機的なフォルムを具現化できる工場を長きに渡って探し続け、1967年にヴィトラ社によって商品化された。パントンチェアはvitraの最初の自社開発製品でもある。2000年には彼の作品の回顧展がヴィトラデザインミュージアムにて行われた。

Verner Panton(ヴェルナー・パントン) 主な作品

主な作品:Panton chair/Heart Cone Chair/Panthella Lamp

Jasper Morrison(ジャスパー・モリソン)

このデザイナーの作品を購入する
Jasper Morrison(ジャスパー・モリソン)

1959年ロンドン生まれロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート卒業後、1986年に彼はロンドンに自身のデザインスタジオを設立した。家具に加えて、ドイツ・ハノーバー市のトラムやヴィトラキャンパスのバス停などもデザインしている。また、アーティストとしても知られ、数多くの個展を開催している。2006年には日本人デザイナー深澤直人と彼の共同で「スーパーノーマル」という展覧会を開くなど"New Simplicity"ムーヴメントの第一人者として知られる。

Jasper Morrison(ジャスパー・モリソン) 主な作品

主な作品:HAL/Basel chair/Park sofa

Jean Prouve(ジャン・プルーヴェ)

このデザイナーの作品を購入する
Jean Prouve(ジャン・プルーヴェ)

1901年フランス東部のナンシー生まれ。金属職人として訓練を受けた後、1924年に自身のワークショップを開き、スチール製家具の生産を始めた。20世紀の最も革新的なデザイナーのひとりであり、家具の大量生産化/工業化のパイオニアとして広く知られている。1957年から1970年からコンセルヴァトワール・デ・アールエメティエ(Conservatoire des Arts et Métiers)の教授を務め、 1971年にはポンピドゥーセンターの建築コンペの審査委員長として、彼はレンゾ・ピアノとリチャード・ロジャースの選定に大きな役割を果たした。2002年からヴィトラ社により復刻品がリリースされている。

Jean Prouve(ジャン・プルーヴェ) 主な作品

主な作品:EM Table/Cite/Standard Chair

Poul Henningsen(ポール・ヘニングセン)

このデザイナーの作品を購入する
Poul Henningsen(ポール・ヘニングセン)

1894年デンマーク生まれ。20世紀のデンマーク文化に多大な影響を与えた人物の一人。
独自のロジックにより誕生したルイスポールセン社の「PHランプ」はあまりにも有名です。へニングセンの才能はルイスポールセン社と出会ってさらに開花し、そのコラボレーションは1925年に始まり亡くなるまでの40年以上続きました。ランプ自体のデザインやフォルムをどう見せるかでは無く、「人や物、空間を光によってどのように照らすか」をテーマとした名作の数々は、今も時代を超えて世界中で愛され続けています。

Poul Henningsen(ポール・ヘニングセン) 主な作品

主な作品:PH5 Classic/PH Snowball/PH Artichoke

▲ PAGE TOP